お知らせ

wordpress5.8からIE11のブラウザはサポート終了。更新ボタンをポチっと押さないように。。

2021-07-23

ホームページ制作の際、いつも最新のwordpressを導入しているのですが
wordpress5.8は「Internet Explorer 11 サポート終了」と、でかでかダッシュボードに表示されました。

調べてみますと、7月に公開されたWordPress 5.8から「Internet Explorer 11」のサポートを終了、と
WordPressの公式ブログに、正式に記載されておりました。

Internet Explorer 11のサポートは今回のリリースに含まれません。
これは、将来的に修正されないサイト管理上の問題が発生する可能性があることを意味します。
現在、IE11を使用している場合は、最新のブラウザーに切り替えることを強くお勧めします。

【参照元】wordpress.org

IE11サポート終了に伴い、WordPress 5.8以降のwordpressのIE11での動作確認はされなくなるため、
IE11でWordPressサイトを表示した際に、機能や表示で不具合が発生することがあります。
(サポートは終了しているため、発生した不具合は改善されることがありません。)

現在wordpress5.7以下で作られているホームページを、wordpress5.8以降にアップデートさせますと
テーマやプラグインにおきまして不具合が発生する可能性が出てきます。

上記、ご一読の上、アップデートの際は、バックアップをとるなど慎重な対応が望まれます。
更新ボタン(アップデートボタン)をポチっと押さないように。。。汗


ホームページは生まれたまま放置せず、育てましょう♪

2021-07-05

まず、ホームページを作るときに、どのようなツールとして使うかについて
吟味することをお勧めします

①名刺がわり。店名で検索された時に引っかかってくれたらOK!
②店名を知らない人が、キーワード検索でたどり着いてくれたらOK!

など。

①の場合

ホームページを放置していてもあまり問題はないかもしれません。
同名の企業やお店がない限り、検索結果で、店名がトップに表示されるのは当然のことなので。

②の場合

日々、内容を吟味しながら、コンテンツ記事を増やし育てていくことが大事です。
業務に関係のないブログ記事よりも、例えば
・美容院であれば→自分でできる簡単だけどお洒落なまとめ髪
・医療関係であれば→●●には●●な健康法をお勧め
といった感じに、自分の携わっている日々の業務において、一般の方々が興味を惹きそうな内容、困っていることや、お得な情報などを記載しますと、検索で引っかかる割合が高くなって参ります。

コンテンツの価値が上がりますと、グーグルの評価も高くなり、検索結果において上位表示を狙えるようになります。

ホームページを作って終わりの方、結構いらっしゃいます。
残念ながら、クリック数が少ないのは否めません。。。
張り切って更新していたのに、数ヶ月でパタリと力尽きるような感じです。

太く短くではなく、細く長く続けることが大事です。

ホームページは作って終わりではなく、作ってからがスタートなんです。

ホームページが飽和状態な今だからこそ、毎日根気強くコツコツと育て(記事追加)、
育てているうちに、他ホームページと差別化できる何かが見えてきます。

あなたならではのホームページに育てていきましょう。
唯一無二のあなたの人となりを伝えましょう。
そして、あなたのファンを増やしましょう。

ホームページを生まれたまま放置せず、ぜひ、育ててください


【Wixからお引越し】Wixでは301リダイレクトのrefreshタグが使えないので代替対応

2021-07-05

最近Wixで作成したホームページでの運用をやめて、Wordpressでリニューアルするお客様が増えました。
wixは301リダイレクトが使えないため、ドメインを取得して運営されている方は、ドメインを移管させた方がサイトの情報が簡単に引き継げて便利です。

問題は新規ドメインを取得して、ホームページをリニューアル運営するときです。

301リダイレクトが使えないと・・・

301リダイレクト確認ができないエラー画面 ←301リダイレクトが使えないと、グーグルのサーチコンソールでアドレス変更設定が出来ません(´;ω;`)ウゥゥ

そのため、Googleに情報が引き継げません。
引き継げないと、全くの新しいサイトとして、1からの出発になってしまいます。

1からの出発になりますと、たとえばホームページのタイトル名で、検索上位にヒットしなかったりしますので、、

それを少しでも回避するために、URL正規化のcanonical属性を設置したり(←こちらは設置できる)、せめてリダイレクトだけでもと設定してみました。

結果、なんとか、サイト名検索で旧wixのURLと同じ位置まで上がってきました!

というわけで、↓こちらwixのリダイレクト設定になります。

wixで、301でなく、ただのリダイレクト設定方法

301リダイレクトではなく、ただのリダイレクト設定になります。
通常は、こちら↓のタグなを、旧ホームページのhead内に記入すれば新ホームページにリダイレクトされます。


<meta http-equiv="refresh" content="0; URL="新ホームページのURL">

他にも.htaccessに記載などありますが
wixでは.htaccessファイルは使えませんし、head内にタグも追加できません。

いろいろ調べた結果こちらで、リダイレクトできることがわかりました。

①ログイン

Dev Mode →開発モードを有効にする
開発モードを有効にする

②タグを黄色い部分に記載して保存をクリック(参考画像では聖夏オフィスに飛ばしています)

import wixLocation from 'wix-location'; 

$w.onReady(function () {
     wixLocation.to("リダイレクト先URLを記載");
})

タグの記載場所

③今すぐ公開

①~③の設定でwixサイトは2秒後くらいに新しいサイトへ飛びます
今すぐ公開


WordPressホームページ制作&ネットショップ制作の実例を追加いたしました

2021-06-24

BASEを導入して作成したネットショップホームページの実例を2例追加いたしました
↓こちらよりご参照くださいませ。
https://www.seika-office.com/hiyou/wordpress/


ゴールデンウィーク休業のお知らせ 4/29~5/5

2021-04-28

以下の期間を休業とさせていただくこととなりました。

■ゴールデンウィーク休暇期間
 2021年4月29日(木)~2021年5月5日(水)

※休業期間中にお問い合わせいただきました件に関しては、
2021年5月6日(木)より順次ご対応させていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。


当サイトで作るホームページの他とは違う便利なところ

2021-04-15

ブログ記事以外に、可能な限りお客様ご自身で追加・修正できるように制作

10年ほど前のホームページは、お知らせ記事も、管理費を支払っている企業にお願いして月2回の割合で更新するものでした。すぐに更新されないことも多く、タイムラグが生じることもありました。

最近のホームページは一般的に、WordPressというシステムを利用して作られるブログのようにお知らせ記事をご自身で更新できます。ですのでお知らせ記事においては、好きなときにお客様ご自身で記事が追加・編集できます。

ですが、当サイトで作るホームページはブログ記事に加えて
料金表やメニュー表など、頻繁に変更の生じる可能性のある項目について、
お客様が必要な時に、簡単に変更できるようにシステムを組んでいます。

例/料金表
【表示】
表示
【編集画面】
項目を書き換えて保存。追加・削除も出来ます
編集
例/メニュー表
【表示】
【編集画面/1つのメニューごとに追加&編集&削除】
各項目に記入して→公開クリック
編集画面

例/商品一覧
【表示】
表示
【編集画面/1つの商品ごとに追加&編集&削除】
各項目に記入して→公開クリック
編集画面

BASEのカート画面(カートの中を見る)のURLが変更になります

2021-03-26

BASEから以下のお知らせが届きました。

【重要】4月3日より「カート画面のURL」が各ショップ固有のURLに変更されます
4月3日より、全ショップ共通のカート画面のURLを、各ショップ固有のURLに変更いたします。

▼ 現URL
https://c.thebase.in/order/cart/

▼ 新URL
https://{ショップのドメイン}/order/cart/

上記にともない、BASEを利用して作成したネットショップのURL変更が必要になります。
現在作成中のものは、変更設定後の4月3日以降を納品期日にしたいと考えます。

当サイト作成で納品済みのネットショップホームページは、ご自身で変更されない場合は、3,300円にて変更承っております。
よろしくお願いいたします。


会員のみに閲覧させる会員制サイト運営方法

2021-03-17
yuki
yuki
会員制で講座型のサービスを始めたいのですが、会員制の簡単なHPの作成等はなさっていますか?

というお問い合わせをいただきました。
お尋ねの方は、以前ホームページを納品させていただきましたTさまで
ホームページだけでなく、動画やラインなど、ネットをビジネスにとても上手く活用されていらっしゃいます。

会員制サイトは基本的に通常のホームページよりも複雑なシステムが組まれておりますので、簡単ではありませんが、
どこまでのものをご希望されるかで、便利な無料サイトなどもございますので、
順を追って、4点ほどご案内いたします。

外部ブログサイトを利用する/ 無料

■noteを利用する
月額会費制のコミュニティが手軽につくれる「サークル」機能を利用する
https://note.com/info/n/n3820f314922d

こちらの機能を利用し、ホームページにリンクを貼る

現在のホームページ(WordPressで作成)を利用する/ 無料

■記事にパスワードがつけれればOKという場合
現在のホームページに、記事ごとにパスワードを設定する。
記事にパスワードがつける

会員用ホームページを作成する/ お見積

会員用ホームページを作成し丸ごとパスワードをかける。
パスワードは管理者であればいつでも変更可能。
会員登録・退会システムは無し(代案として、メールフォームで申し込み→承認したらパスワードを教える)
【設置例】

入会・退会システムを導入/ お見積

会員ごとにパスワードが発行される。
入会希望者が必要とする情報を入力し、管理者が承認すれば、自動でパスワードが発行される。

ホームページに埋め込むカタチで、まるっとホームページを包み込んでパスワードをかけるわけではないため、様々な方向からセキュリティ設定が必要な上、ログインやログアウト状態を伝える設定や、パスワードを忘れた人への対応等々、構築する時間・システムともにコストがかかる。

会員がユーザー登録して、承認されるたびにホームページのユーザー一覧↓が増えていくため

会員用ホームページを新規作成し運用した方が、セキュリティ上無難です。


4月から税込価格表示の義務化に伴い価格表を変更しました

2021-03-13

4月から税込価格表示の義務化につきまして、本日の南日本新聞や朝日新聞、あちこち記事記載ありました。
国税庁サイトにも、表示について詳細記載ありました。

上記に基づき、価格表を変更いたしました。

今後も、技術・サービスの向上に努めて参ります所存ですので、変わらぬご愛顧のほど、お願い申し上げます。


検索結果(SEO)で上位表示を狙うには

2021-02-06

新規でホームページを作り、希望キーワードで上位表示させるために
●同業他社が少なければ難なく表示され
●同業他社が多くても、他社のホームページの作り(html・CSS・テキスト内容)がちゃんとしていなければ、
こちらがちゃんとした作りで作っている限り、時期、上位表示されます。

wixやjimdoなど無料作成ツールで作ったホームページの場合や
購入して使用しているテンプレートによっては、上記関係なく、上位表示は難しいようです。

医療に関わるホームページは特にGoogleのチェックが厳しいとされています。
ですが、根拠に基づく作り(HTML)、内容(コンテンツ)、タイトルをしっかり吟味して修正していく過程で
希望キーワードで圏外だったホームページも検索圏内に入るようになり、
記事更新など、コツコツと努力を積み重ねる事で
圏外→8ページ目→4ページ目→3ページ目と遂には1ページ目に表示されるように。

検索結果は1ページ目までを80%の人が閲覧し
2~3ページ目までを見るのは残りの20%という研究報告がなされています。

ですが、必ずしも希望キーワードで上位表示されなくても
コンテンツ記事が多ければ、それぞれのページが、自分が予期してないキーワードで検索に引っかかったりしますので、
現在はキーワードよりもコンテンツ作成が重要という見方もあります。
コツコツと記事を書き続けるということです。

例えるなら5ページの本よりも、100ページの本の方が
検索に引っかかる率が20倍(高くなる)ということです。

ちなみに、先月納品したホームページが医療系で、同業他社も多く、しかもしっかりとした作りで手強い。。
ですが、納品してから約1ヶ月で、圏外から現在4ページ目までに昇ってきており
今後が楽しみです。


« Older Entries